見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ども。こんにちはー。それにしてもびっくりですねぇ。

 26日(日本時間)に死去したマイケルジャクソンさんは、アーティストとしての能力を高く評価された一方で、再三の整形手術のほか、数多くの事件や騒動も取りざたされ、スキャンダルの部分でも注目を集め続けていましました。

マイケルジャクソンさんは「スリラー」の記録的ヒットの後、自伝などで、鼻とあごの整形手術について公表しましました。その後も年を追うごとに肌が白くなるなど、「顔つきが変わった」という報道が後を絶たず、92年に英大衆紙が整形手術でゆがんだとされるマイケルジャクソンさんの顔を掲載。マイケルジャクソンさんが名誉棄損で訴え、写真掲載を禁じる仮処分が下りましました。

 金銭関係の訴訟も多く、1999年に開催予定でしたコンサートを急遽(きゅうきょ)、キャンセル。興行主に契約不履行で訴えられ、2003年に当時の日本円で6億円を超える賠償支払いを命じられましました。

 1993年には、13歳の少年に対する性的虐待疑惑で告発され、1992年から始めたワールドツアーを途中で断念。後に少年側と和解したが、2003年に米カリフォルニア州の保安官事務所が、性的虐待容疑で強制捜査を行いましました。後に裁判の結果、無罪となりましました。

 言行が物議を醸した例にも事欠くことがありません。2002年11月には、自身の息子をファンに見せようと、独ベルリンのホテル4階のバルコニーで掲げて見せたことが、「下に落とすしぐさ」として非難を浴びたこともありましました。

こころよりご冥福をお祈りします。











スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。