見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


避難所に間仕切りボードを設置!

東日本大震災 避難所に間仕切りボード設置 宮城・女川
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110407-00000010-maip-soci

おはようございます。どもっ。

宮城県女川町の被災者が避難している勤労青少年センターで、
室内にプラスチック製の間仕切りボード
(高さ125センチ)が設置されたそうです。
プライバシーに配慮して集団生活のストレスを和らげようと、
岐阜県内のプラスチック製品メーカー
「岐阜プラスチック工業」が無償提供したとのこと。

視界を遮りながらも光を通すため、空間は明るさが保たれるとか。
同町までボード500枚を運んだ同社の杉田二郎取締役は
「軽くて丈夫だし、色も明るい。避難している方々の
心のケアに少しでも役立ちたい」と話したとのこと、
なんて気のきく企業なのでしょう。

これはうれしいですよね!
特に女性は、着替えなどに気を使うでしょうから、
すばらしい配慮だと思います。
また、みなさん、プライバシーが保てるので、
気疲れや精神的ストレスも減るのではないでしょうか。
お店なんかでも、仕切りがあると落ち着きますよね。




スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード