見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


子宮内膜症は年齢を重ねるほど重くなる

子宮内膜症 痛みがある場合は年齢を重ねるほど症状重くなる
http://news.ameba.jp/20110613-155/

おはようございます。どもです。

女性特有の病気のなかでも発症する女性が
多いといわれる子宮内膜症は、
まったく無症状の人もいるが、
強い月経痛のあることが多く、痛みがある場合、
年齢を重ねるほど症状が重くなるのが特徴で、
月経時の症状以外では、性交時に痛みがあるほか、
排便痛を伴う場合もあるそうです。

治療法は、子供をつくる予定がなく、
月経痛が耐えきれないほど激しい場合や
再発を繰り返すときは子宮と卵巣を摘出することもあり、
妊娠を望む場合は、子宮と卵巣を温存する手術を行うか、
痛み止めやホルモン剤などで治療を行うことになるとか。
また、低用量ピルを服用する方法もあるとのことです。

わたしは昔から生理痛が重く、高校時代は
痛みのあまり失神するほどでしたが、
痛みは年齢と共に軽くなってきているように感じます。
よって、内膜症はないのかな?と、
婦人科で診てもらったわけではないけど推定。
自分の体は自分が一番よく知っているのです。
(開き直り)




スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード