見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍み大根(しみだいこん)とは?


凍み大根とは、大根を切って寒中に凍らせたあと、乾燥させたもので、人肌位の湯で戻して煮物などに使う。


凍み大根のつくり方

小寒に入ったら作り、大寒には十分凍らせる。凍ると白くロウを塗ったようになったのが3月頃にはカラカラに乾く。

①皮をむいた大根を20 ㎝位の長さに切り、太い所は半分に。
②大根の上5㎝位の所に穴を空け、ひもを通す。
③熱湯にさっとくぐしらした後、軒下などにつるして干す。(雨にぬれないように注意)
④乾いたら、家の中の風通しの良いところに下げておく。


凍み大根作り方のポイント

○大根を、箸が刺さる位に茹でて干すと、戻す時に早く柔らかくなる。でも、茹で過ぎると干した時に落ちるので注意が必要。
○大根を2㎝の厚さに切り、水煮にするか、蒸して、柔らかくなったら半日水に浸しておくと色が白くなる。
○5枚位をまとめ、中央に箸で穴を空け、ひもを通し軒下などに下げて干す。うすく切ることにより早く凍り、戻りも良くなる)




スポンサーサイト

テーマ : 食に関するニュース
ジャンル : ニュース

tag : 凍み大根

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。