見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


海上自衛隊、「TC90」を比海軍に貸与


政府は、退役した海上自衛隊の練習機(航空機)「TC90」をフィリピン海軍に今春にも貸与で合意する見通し。


中国による南シナ海での海洋進出の動きに対し、フィリピン側は、空からの警戒・監視に利用する。


フィリピン海軍が警戒・監視に利用する航空機は、行動半径が約300キロと狭く、広範囲で活動できる航空機を求めていた。


TC90の行動半径はフィリピン軍機の2倍以上で、南沙諸島の大半をカバーできる。

練習機であるTC90を、フィリピン海軍が当面、目視による警戒・監視に利用するとみられる。


TC90貸与に先立ち、日本、フィリピン両政府は今月29日、防衛装備品・技術移転協定を締結する。

貸与されるTC90は、配備期間を過ぎた「中古品」で、最大5機となる見通しだ。


日本政府は従来、中国に比べ装備面で格段に劣る東南アジア諸国連合(ASEAN)の警戒・監視能力の向上を支援してきた。

ベトナムやフィリピンに対し、政府開発援助(ODA)を活用した巡視船の供与などを進めている。




スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース
ジャンル : ニュース

tag : TC90

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード