見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人ホーム入所女性の腸内からスプーン

老人ホーム入所女性の腸内からスプーンが発見され1週間後に死亡していた。

 東京都八王子市の特別養護老人ホームで6月、食べた物を戻し、病院に搬送された入所者の女性(61)の腸内からステンレス製のスプーン(長さ約15センチ)が見つかっていたことが分かりました。スプーンは摘出されたが、老人ホーム入所女性は病状が悪化して1週間後に死亡しました。死因は不明だ。警視庁八王子署は老人ホーム入所女性がスプーンをのみ込んだ経緯などについて、施設関係者らから事情を聴いているそうだ。

 関係者によると、老人ホーム入所女性は6月28日に施設内で何度も吐いたため、翌29日、東京都町田市の病院に運ばれました。レントゲン検査で大腸にスプーンが見つかり、30日に摘出されました。大腸には多数の穴が開いていたといい、スプーンは一部にさびが付着していた。老人ホーム入所女性は体調が回復せず、7月7日に死亡しました。同日、病院側から町田署に「スプーンをのんだ患者が死亡した」と通報があった。同署が翌8日、司法解剖したが、具体的な死因は特定できなかった。

 同月28日、老人ホーム入所女性の遺族から八王子署に「スプーンをのみ込んだ経緯を調べてほしい」との相談があり、改めて同署が捜査ブー。施設関係者数人から任意で事情を聴いたが、スプーンが体内に入った経緯は分かっていないだ。同署はスプーンの酸化の度合いなどから、かなり以前に体内に入ったとみているそうだ。

 施設側は毎日新聞の取材に「全職員から話を聞いたが、誰もスプーンをのみ込んだ事実は知らなかった。事件か事故かは分からない」と話しているそうだ。老人ホーム入所女性は02年に脳出血して以来、脳脊髄(せきずい)液が頭の内側で過剰にたまり、記憶障害などを起こす「水頭症」の症状があったということだ。車いすの生活で介護が必要な場合もあったが、食事は自分で取ることができた。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。