見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


夫婦愛


全国の20~60代の既婚男女500人に、夫婦の実態調査をしたところ、

年代別の"夫婦愛"の実態が明らかに!

調査結果によると、20~30代の90.5%が「配偶者を愛している」

その一方で、40~60代では77.0%にとどまり、

同様に20~30代の71.0%が「配偶者に甘えたい」

40~60代は50.3%だそうです。

年をとると、「愛し愛され甘えたい」から「個人の時間を尊重」

つまり、若い夫婦は2人で一緒に過ごす時間を大切に、歳を重ねた夫婦では、

相手を気遣いながら程良い距離で接しているということですね。

年代が上がることで配偶者との「夫婦愛」「時間のあり方」が変わってくるんですね。

「会話」、「性格」、「波長」についても、年代が上がるにつれ"合う"と感じにくくなってくるようです。

でも、歳を重ねても夫婦間で変わらないものは「価値観」。

若者世代で66.5%、中年世代で63.7%が「配偶者と価値観が合う」答え、世代差がほとんどありません。

年上夫婦は、長年の経験からお互いの価値観が変わっていないのを知っていて、

信頼し合っているからこそ、ずっとくっついていなくても平気なのかもしれません。

少し距離を置き、別々の時間を作れるのはお互いを尊重する。

それも夫婦愛の形ですね。それこそが長く続く夫婦円満の秘訣なのかも知れません。

スポンサーサイト

テーマ : 結婚生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : 夫婦愛

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード