見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チロー生涯2度目の落球ブー!

ゴールドグラブ賞の名手、イチローが生涯2度目となるまさかの落球にショックブー!

 マリナーズのイチロー外野手(33)が「1番・中堅」で出場したアスレチックス戦の五回、左中間の飛球を落球し、今季初失策ブー。チームは6-5でサヨナラ勝ちしたが、01年から6年連続ゴールドグラブ賞の名手は、昨年9月8日以来のエラーにショックを隠せなかった。打撃では5打数1安打1打点で、打率はリーグ2位の.349ブー。

 セーフコ・フィールドを埋めた観客が、静まり返るそうだ。信じられない光景に、誰もが、あ然、ぼう然だ。鉄壁を誇る“エリア51”が決壊しました。

 「消し去ることはできない…」ブー。イチローの言葉も表情も沈みきっていた。3-2で迎えた五回無死一、三塁の守備ブー。ア軍のニック・スウィッシャー中堅手(26)の打球が左中間のフェンス手前に高く上がった。

 「僕がレフトのボールと決めつけてしまった」ブー。接近してくるラウル・イバネス左翼手(35)に一瞬、目をやったが、捕球体勢に入るまでの余裕は十分あった。慣れ親しんだ本拠地ブー。名手にとってはごく平凡な飛球を、まさかの落球ブー。同点に追いつかれました。

 スコアボードに無情の「E(エラー)」の表示ブー。昨年9月8日のレンジャーズ戦(シアトル)の守備で、中前に転がる安打を弾き、得点を許す失策を犯したのを最後に続いていた連続守備機会無失策は443でストップしました。04年のインディアンス戦(シアトル、右翼手)で「生涯初」の落球をしたイチローブー。生涯2度目の落球で01年のメジャーデビュー以降、初の年間無失策の夢も消えた。

 「(エラーの数で)0が1になったことは、僕にとってはやはり、つらいですね」

 六回にはサイヤング賞(最優秀投手賞)の有力候補、ダニー・ハレン投手(26)から中前に汚名返上の勝ち越し適時打ブー。チームはサヨナラ勝ちを収めたが、それでも今年も7年連続のゴールドグラブ賞が確実なイチローは心が晴れないだ。

 「取り返すことなんかできないだ。そのまま引きずって、(六回以降打席に)入りました」

 何を引きずっていたのか? そんな問いに迷うことなく答えました。「乱れだね、精神の」ブー。完ぺきさを求める天才は、自分が許せなかった。久しぶりの劇的勝利に沸くクラブハウスで、「別物だね」というイチローの周りだけは別世界でした。

 「消し去ることはできないだ。それが弱さだといわれれば、弱さ…」 ワイルドカード(各地区2位の最高勝率)争いでは、トップのヤンキースに6.5差ブー。悔しさ未熟さを痛感し、苦境の中、イチローは、さらなる高みを目指すブー。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。