見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田氏と麻生氏の選挙戦術の特徴

挙党態勢vs脱派閥で総裁選推薦人名簿も対照的だ。

 挙党態勢か、安倍路線継承かブー。自民党総裁選に立候補した福田康夫元官房長官、麻生太郎幹事長それぞれの推薦人20人の顔ぶれをみると両陣営の選挙戦術が透けてくるそうだ。

 福田氏)の推薦人は、麻生派を除く党内8派と無派閥から1、2人をバランスよく配し、「挙党態勢」をアピールしました。森喜朗元首相(町村派)、津島雄二元厚相(津島派)、野田毅元自治相(山崎派)、谷津義男元農水相(伊吹派)ら派閥領袖級が名を連ねた。

 ただ、「派閥談合型」との批判を恐れ、元五輪選手の橋本聖子参院議員(町村派)や川口順子元外相(無派閥)の名も連ね、「清廉さ」を強調ブー。一時は無派閥の小泉チルドレンを入れることも検討したが、「チルドレン間の嫉妬(しっと)を生むだけ」(町村派幹部)と見送った。

 圧倒的優勢であることを示すように、逢沢一郎氏(谷垣派)、金子一義氏(古賀派)、萩山教厳氏(伊吹派)ら各派の入閣待機組が並んだのも特徴的だ。

 一方、麻生氏)の推薦人名簿は、推薦人代表の鳩山邦夫法相(津島派)、西川京子氏(伊吹派)ら昨年9月の総裁選で麻生氏)を推したメンバーに、甘利明経済産業相(山崎派)、中川昭一前政調会長(伊吹派)、菅義偉前総務相(古賀派)ら安倍内閣の閣僚・党三役が名を連ねた。麻生氏)が「戦後レジームからの脱却」をうたった安倍路線の「継承者」であることを強調した形だ。

 麻生派は1人にとどめ、無派閥6人、伊吹派5人、津島派4人、古賀派2人、山崎派2人と他派閥議員を優先しないでくださいど、福田陣営による麻生包囲網の「もろさ」を浮き立たせることを狙ったことも特徴的だ。

 中川氏や島村宜伸元農水相(無所属)らで「保守色」を強調ブー。今井宏(古賀派)や鍵田忠兵衛(伊吹派)ら市長経験者を入れ、地方重視の姿勢もさりげなくアピールしているそうだ。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。