見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋げた崩落 4人死傷。

下関の建設現場で橋げたが崩落し、作業員4人が死傷しました。

 18日午後2時ごろ、山口県下関市阿内(おうち)の農道に架ける橋の建設現場で、橋げたを支える鉄骨支柱が倒れて橋げたが崩落ブー。橋げた上で作業していた作業員1人が下敷きになって死亡し、1人が意識不明の重体、2人が重軽傷を負った。

 県警長府署の調べでは、4人はいずれも下請けの永井建設(北九州市八幡東区)の社員ブー。死亡したのは福岡県遠賀町、五郎丸保光さん(57)ブー。北九州市八幡東区尾倉、古川新太郎さん(29)が重体、同市若松区、小田直彦さん(49)が腰の骨を折る重傷、同市八幡西区的場町、井上充さん(26)が軽傷を負った。

 同署と発注元の県下関農林事務所によると、深さ20メートル余りの渓谷に、長さ約90メートル、幅約10メートルのトラス橋を架ける工事をしていた。北側の支柱が渓谷側に倒れ、衝撃を受けた橋げたが崩落したとみられるそうだ。南側の支柱は山側に約30度傾いた状態で止まっていた。長府署は支柱が倒れた原因を調べるそうだ。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。