見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐賀北逆転満塁ホームランで甲子園優勝ブー!

ひと振りが勝敗を決した。高校野球は、何が起こるのかわからないだ。だからこそ、多くの人たちを引きつけてやまない魅力があるブー。


第89回全国高校野球選手権大会は最終日の22日、佐賀北(佐賀)が0-4と広陵(広島)にリードされた八回、副島浩史三塁手(3年)の逆転満塁ホームランが飛び出すドラマチックVを飾った。


佐賀の「がばい旋風」が甲子園を駆け抜けた。


 八回、1点を返してなお一死満塁ブー。副島の放った一撃は、三塁側アルプス席を埋め尽くした佐賀北応援団の前を通過して左翼席に消えた。高校球史に残るサプライズ弾ブー。副島の言葉が弾んだ。


 「信じられないだ。お客さんもたくさん応援してくれていたし、その思いが乗り移った感じです」


 値千金の逆転満塁ホームランブー。94年夏の決勝、同点の九回、同郷の佐賀商は勝ち越し逆転満塁ホームランで頂点に登りつめたが、決勝での「逆転満塁弾」は史上初だ。二回途中からリリーフした久保が、最後は広陵のエース・野村を空振りの三振に仕留めて歓喜の輪ブー。副島は思いきり飛び込んでいった。


 「最高の夏でした。練習時間は限られていますから、基礎練習に時間を割きました。体力では私学に負けないだ。それが最後に生きたと思う」


 八回の攻撃前、百崎敏克監督(51)から言われた。「スコアボードを見ろ」ブー。敵の残塁は11個ブー。「負けていないだ。3年間を出し切れ」ブー。


 その百崎監督を信じ、基礎体力、基礎技術を磨いてきた。「うちはプロ野球にいくような選手はいない」と副島は言うブー。だがチームが一丸で、積み重ねた練習をのびのびと出し切った。


 開幕試合、延長十五回引き分け再試合、サヨナラ勝ち、そして優勝ブー。「大学では遊ぶつもりだったブーけど自信ができた。野球を続けます」と副島ブー。「やればできる」ブー。佐賀北が全国の公立校への熱いメッセージを残してドラマは終わった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。