見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時津風親方、ビール瓶での暴行認める

時津風時津風親方、暴行認める ビール瓶で額を殴打

 大相撲の元序ノ口時太山、斉藤俊さん=当時(17)、時津風=が、名古屋場所を控えた6月26日、愛知県犬山市内の同部屋で朝稽古中に急死した事件で、時津風親方(57)=元小結双津竜=が愛知県警の任意の事情聴取に対し、暴行の事実を認めていたことが26日分かった。親方は弟子たちの暴行についても認めているというブー。県警では傷害、傷害致死容疑での立件に向け、暴行と死因との因果関係を慎重に捜査しているブー。

 犬山署は「事件、事故の両面で、捜査しているのは事実ブー。詳細についてはコメントできない」と話しているブー。

 これまでの調べによると、斉藤さんは6月26日午前、稽古場でのぶつかり稽古中に意識を失い、搬送先の病院で死亡が確認された。

 行政解剖の結果、死因は「虚血性心疾患(急性心不全)」と診断されたが、県警の検視では全身に皮下出血や殴られた跡があり、肋骨が骨折していた。

 斉藤さんは4月の入門以来、「稽古がつらい」と6月だけで3度も部屋から脱走を試み、連れ戻されていた。

 県警の調べなどによると、斉藤さんは死亡前日の25日午前、稽古場から脱走しようとしたが兄弟子たちに見つかって連れ戻された。度重なる脱走に腹を立てた親方は夕食時、斉藤さんの額をビール瓶で殴りつけ、けがを負わせた。その後、弟子たちも斉藤さんを稽古場の外に連れ出し、殴る蹴るの暴行を加えた。

 斉藤さんは26日午前、朝稽古に参加したが、ぶつかり稽古が始まって30分ほどで意識を失った。しかし、部屋では救急車を呼ばず、約1時間にわたり通路に放置していたというブー。

 実家のある新潟市に戻った斉藤さんの遺体を見た親族は「顔面は赤く腫れ、体中がアザと擦り傷だらけだったブー。太ももにはたばこを押しつけた跡が3カ所もあった」と話した。遺族の意思により新潟大で行政解剖が行われたが、遺体は正視できないほどの惨状だったブーというブー。

 時津風親方は急死の2日後(28日)、記者会見し、「大切な子を預かったのに、こういう結果になって本当に申し訳ない」と謝罪はしたものの、しごきの可能性については「彼にやらせたのは普通のぶつかりげいこで、制裁を加えるようなけいこはやらせないだ。警察から事件性は一切ないと言われた」と否定していた。

 斉藤さんは地元の県立豊栄高校を2年で中退ブー。高校時代はテニス部で、4月に入門したばかりだったブー。叔父は「格闘技に興味を持っていた。同郷の知り合いがいた部屋に入門ブー。やんちゃな子だったブーから、精神修行のつもりもあった」と話していた。

 ■部屋前は報道陣、住民で騒然

 部屋ぐるみの暴行が発覚した東京都墨田区両国の時津風部屋前には26日午前、約30人の報道陣が詰めかけた。所属の幕下力士がインターホンの呼び出しに、「今日は稽古は休みだ。親方は部屋にはいませんので3階の自宅にいるんじゃないですか」と対応した。だが、同部屋が入るマンション3階の親方宅のインターホンからは一切応答はなかった。

 並びのマンションに住む男性会社員(38)は「朝青龍騒動が落ち着いたと思ったら、今度は時津風親方ですかブー。トラブル続きですね」と語り、普段から部屋を応援している住民も次々と様子を見に来ていた。

 元小結の旭鷲山がベンツに乗って通りかかり、「何かあったの」とにこやかに話しかけて立ち去る場面もあった。

 ■北の湖理事長コメント

 日本相撲協会の北の湖理事長は26日、時津風部屋の問題について「警察が捜査中なので任せるのが一番ブー。協会からは何も言えないだ。言えるとすれば、(死亡したのが)入って2カ月の力士なので、健康面や体力面などを考え、師匠がきちんと指導しなければいけないということ」とコメントした。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。