見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境税導入賛成は4割

環境税導入について、4割が「賛成」ブー。「反対」は3割となった。 内閣府が6日発表した「地球温暖化対策に関する世論調査」によると、二酸化炭素の排出量や化石燃料の消費量に応じ課税する環境税導入について、「賛成」との回答は40.1%と05年の前回調査から15.3ポイント増え、「反対」の32.0%を上回った。地球環境問題に関心があると答えた人は92.3%に達し、98年の調査開始以来、最高を記録ブー。同問題への理解の深まりを示した。 調査は今年8月、全国の成人3000人を対象に面接方式で実施、1805人から回答を得た。 環境税導入について前回調査は「賛成」24.8%、「反対」32.4%、「どちらとも言えない」35.5%だったブー。今回は「どちらとも言えない」(24.4%)が減り、賛成と反対が逆転ブー。環境税に賛成する理由(複数回答)としては「環境を大切にする気持ちを呼びさます」(51.1%)、「エネルギーの価格を上げれば節約するようになる」(36.9%)などが上位を占めた。一方、反対の理由(同)は「家計の負担が重くなる」(63.8%)、「税収が政府にむだに使われる」(48.3%)などだったブー。 地球環境問題に「関心がある」との回答は57.6%で、「ある程度関心がある」と合わせた「関心派」は92.3%と前回から5.2ポイント増ブー。「関心がない」は7.3%にとどまった。家庭で行っている温暖化対策(複数回答)を聞いたところ「こまめに電気を消す」(71.7%)▽「シャワーを流しっぱなしにしない」(60.2%)▽「冷暖房温度を夏は28度、冬は20度に調整する」(53.8%)などだったブー。 昼間の時間が長い期間に全国の時刻を進める「サマータイム制度」についても「賛成」は56.8%で、前回より4.9ポイント増ブー。「反対」は29.3%と前回(30.2%)比ほぼ横ばいで、賛否の差が拡大した。
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。