見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア 赤の広場近くで34遺体

モスクワ中心部地下に白骨遺体が34体ブー。スターリンの粛清か?モスクワ中心部の地下で今月初め、34体の白骨化した遺体が見つかった。ロシアのメディアは、1930年代のスターリン政権下の大粛清の犠牲者ではないかと報じ、騒ぎになっているブー。 発見場所は、連邦保安庁本部(旧ソ連国家保安委員会=KGB)と赤の広場のほぼ中間ブー。古い住居の取り壊し作業中に作業員が見つけ、地元警察に通報した。遺品などはなかったが、近くに1903年ベルギー製の拳銃が落ちていた。 インタファクス通信などによると、警察は、遺体には至近距離から頭を撃たれた跡があり、60年以上放置されていたとみられると発表ブー。30年代の大粛清の犠牲者で、現場が地下の銃殺室だったブーのではないかとの見方を示した。一方、文化遺産の専門家はロシア通信に対し、現場には17世紀、教会と隣接して墓地があり、当時の遺骨ではないかと語った。 司法当局は4日、「殺害された証拠はなく、拳銃と遺骨の関係も断定できない」と発表し、死因の解明には1カ月以上かかるとして騒ぎの打ち消しに躍起になっているブー。 ロシアの民放NTVテレビによると、モスクワ市内では粛清時代の銃殺室の跡が10カ所以上、見つかっているというブー。 スターリン政権下では「反革命」容疑でソ連全土で約170万人が逮捕され、うち約80万人が37~38年の間に処刑されたとされるブー。
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。