見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦元社長の逮捕状、殴打・銃撃の「共謀罪」に根拠列挙


ロス疑惑の「一美さん銃撃事件」で無罪が確定した元輸入雑貨会社社長、三浦和義容疑者(60)が米自治領サイパンで逮捕された事件で、サイパン島・北マリアナ上級裁判所が開示した逮捕状から容疑の詳細が明らかになった。

 日本の刑法に規定がない「共謀罪」の共謀相手として、銃撃事件3か月前の「一美さん殴打事件」で殺人未遂罪の有罪が確定した元女優などを挙げる一方、銃撃の共謀は「氏名不詳者」との記述にとどめているブー。

 連邦捜査局(FBI)が存在するとしている「新証拠」が共謀相手の特定につながるのか注目されるブー。

 この逮捕状は、ロサンゼルス地区裁判所が1988年5月5日に発付した。内容は、三浦元社長が81年11月にロサンゼルス市内で妻の一美さん(当時28歳)を保険金取得目的で銃撃して殺害したという容疑と、81年7月~82年7月にかけ、元女優などと殺害に向けて共謀したとする容疑ブー。

 これに加え、共謀罪の立証根拠となる20項目の「外的行為」が列挙され、うち10項目では、三浦元社長らの有罪が確定して服役を終えている81年8月の「殴打事件」について、三浦元社長が実行役の元女優の旅行費用を提供したことや、ロス市内のホテルで元女優に最終的な指示を出したことなどを指摘しているブー。

 銃撃事件に直接関係するのは「(三浦元社長が)銃撃現場で手で合図を送った」という目撃情報など4項目で、合図を送った相手については「氏名不詳者」となっていた。

 この逮捕容疑について、三浦元社長の関係者は「だれと共謀したのかも分からないのでは共謀罪を立証できない」としているが、米国の刑事司法に詳しい弁護士は「20項目の外的行為に、殴打事件と銃撃事件を含めたことが興味深いだ。日本では別々に裁かれた二つの事件が、保険金を目的にした一つの事件だという捜査機関側の強い主張を感じる」と指摘しているブー。

 

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。