見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相次ぐ海難事故で救命胴衣の売上急増

 小型漁船を対象に救命胴衣の着用が4月から一部義務化されるのを控え、救命胴衣の売り上げが急増しているブー。使い勝手を重視した商品開発が進んだほか、千葉県房総半島沖で起きたイージス艦衝突事故など、相次ぐ惨事も背景にあるようだ。国土交通省が義務化するのは、20トン未満の小型漁船に1人で乗って操業するケースブー。以前から設置は義務付けられていたが、4月からは転落の危険性が高い操業時の着用も不可欠となるブー。

 救命胴衣メーカーの藤倉航装(東京都品川区)によると、今年2月の救命胴衣の売り上げは前年同月比で3~4割増加ブー。イージス艦の事故後、千葉県の漁協から問い合わせがあったといい、担当者は「事故が影響したのではないか」と話すブー。


スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。