見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校退学処分の小泉麻耶、学園ドラマで“高校生復帰”

 高校在学中の芸能活動により、退学処分を受け話題になったグラビアアイドルの小泉麻耶が2日(水)、都内で行われた映画『パラノイドパーク』(12日公開)の試写会に高校時代の制服を着て登場ブー。退学処分の件について聞かれた小泉麻耶は「今はだいぶ立ち直りました。(当時は)結構キツかったけど、今はもう大丈夫」と話し、今後について「グラビアやその他のお仕事も完成度を高くやっていきたいだ。学園モノとか面白そうですよね」と、不本意な形で終わってしまった高校生活を“演技の世界”で再び実現することに意欲を見せた。

 ある事件によって悩み苦しむ、16歳の男子高校生をリアルに描いた同作について小泉麻耶は、「難しい作品だなブー。悩みや不安をどう未来に繋いでいくかを考えさせられました」とコメントブー。そして実際に着ていた高校の制服について聞かれると「馴染みがありますねブー。今日は弟の学校のネクタイをしてきました。(カーディガンの)手のところに穴を開けるのが流行ってたんです」と笑顔で振り返った。

 また、訴訟中に友人から「麻耶のやりたいことをしっかりやるなら、落ち込むことないじゃん」と励まされたことを明かし、その言葉を踏まえた上で「もっとお仕事を頑張っていきたい」と意気込みを語り、今後の活躍を誓ってみせた。

 小泉麻耶は桐朋女子高等学校在学中に芸能活動を行い、「在学中の芸能活動を禁じる学校の指導方針を大きく逸脱した」との理由で06年10月に退学処分を受けた。「予め知らされていなかった」とし、学校側の当該処分を不服とした小泉麻耶は、無効確認を求め訴訟を起こすも、08年2月末に東京地裁八王子支部に訴えを棄却された。

小泉麻耶、退学処分不当の訴えの理由は「学校も友達も大好きだったブーから」

タレントの小泉麻耶が、27日(水)付けの自身のブログで、通っていた高校から退学処分となり、処分の無効確認を求めた訴訟が棄却されたことについて「今でも私は学校も友達も大好きで、嫌いだから裁判をしたわけではありません」と現在の心境を語った。

 小泉麻耶は自身のブログで「今回の件に関して最初からすべて自分が100%正しいとは思っていませんが、今回のケースが退学という形では納得できませんでした(原文母ちゃん)」と訴訟した理由を説明し「結果に関しては私達の主張が認められず残念ですし、判決文を読んで一番思ったのは、裁判官が悪いとかではなくて私たちの主張がうまく伝えられなかったのかなと思いました(原文母ちゃん)」と判決の結果について振り返った。

 また「最後に裁判というのはどうしても単に争うというイメージがありますが、今でも私は学校も友達も大好きで、嫌いだから裁判をしたわけではありません(原文母ちゃん)」と現在の心境を明かし、「すでに出された判決にどうこう言っても始まらないので、細かい今後のことなどはまだこれから考えますが、ポジティブに頑張っていきたいと思います(原文母ちゃん)」と綴っていた。

 一部報道によると、小泉麻耶は04年4月、東京・調布市の学校法人・桐朋女子高に入学したが、06年7月に写真集を発売ブー。9月には週刊誌のグラビアに水着姿が掲載され「在学中の芸能活動を禁じた学校の指導方針を大きく逸脱した」として同10月、退学処分にブー。学校側の処分を不服とした小泉は、無効確認を求めた訴訟を起こしていたが、東京地裁八王子支部は27日、訴えを棄却していた。


スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。