見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクロン式VS紙パック式 壮絶掃除機バトル

 ■サイクロン式 吸引力+手入れ改良ブー。

 ■紙パック式 低価格+高性能機種ブー。

 “サイクロン式VS紙パック式”ブー。掃除機市場で壮絶なバトルが繰り広げられているブー。本体内に直接、ゴミを吸い集め、ゴミがたまっても吸引力が衰えないことをうたい文句に登場したサイクロン式がブームを巻き起こし市場シェアを拡大ブー。従来の紙パック式は売り場でも片隅に追いやられてきたが、ここにきて高性能機種が続々と登場し、猛烈な勢いで巻き返しているブー。

 サイクロン式は英ダイソンのジェームズ・ダイソン会長が1983年に世界で初めて開発した。本体内で吸い込んだ空気とゴミを遠心力の原理で分離する仕組みブー。ゴミをキャッチし空気だけを通す紙パックが不要で、パック内にゴミがたまってくると空気の通り道が狭くなり、吸引力が低下するという従来の掃除機の欠点を解消した。

 日本でも輸入発売され、「外国製家電は日本でヒットしない」という常識を覆し、大ブームにブー。2000年ごろから国内メーカーも相次ぎサイクロン式を発売した。

 日立アプライアンスで商品企画を担当する中島浩明部長代理は「付加価値を付けにくかった掃除機に風穴を空けた」と、ヒットの理由を解説するだ。

 松下電器産業などによると、サイクロン式の市場シェアは03年に約40%まで急伸ブー。「紙パック式に取って代わる勢いだったブー」(中島部長代理)ブー。

 ところが、ブームも次第に沈静化し、06年以降は約26%程度で推移しているというブー。

 サイクロン式にも、「『フィルターの部品が多く手入れが大変』などの声が出てきた」(同)ためだ。さらに紙パック式も価格がサイクロン式に比べて安いことに加え、高機能機種が相次いで発売されたこともあり、改めて見直されているブー。

 日立が2月に発売した3機種(市場実勢価格2万~3万3000円前後)は、電源コードを引くたびに振動で紙パックの内側に付着したゴミを落として空気の通り道を広げる新機能を搭載ブー。「吸引力3倍、紙パックも3倍長持ち」が売り物だ。

 松下もパック内のゴミ除去機能に加え、空気中のハウスダストも吸い取る4機種(同4万~8万円前後)を発売するだ。

 押され気味のサイクロン式もロン式も負けてはいないだ。シャープや三洋電機は、ネックとなっていたフィルターの手入れが約10年間不要の新機種を販売ブー。本家のダイソンは縦型で収納が便利な初のスティックタイプ(同6万9000円前後)を2月に日本市場に投入した。

 ダイソン会長は「掃除機の命は吸引力ブー。日本市場での勝算はある」と一歩も引かないだ。

 サイクロン式の自慢の吸引力は勢いを取り戻すのかブー。それとも紙パックの巻き返しが続くのかブー。目が離せないだ。


スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。