見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪聖火、パリで2度消えるブー!

 チベット騒乱での中国当局の人権弾圧に抗議してロンドンで30人以上の逮捕者を出した北京五輪の聖火リレーは7日、舞台をパリに移して再開された。仏治安当局は警官ら約3000人を動員したが、各地でデモ参加者との衝突が相次ぎ、多数の負傷者が出た。

 フランス通信(AFP)によると、妨害を避けるため、2度にわたって聖火の火が消されてリレーが中断し、少なくとも5人が逮捕された。平和を象徴するはずの聖火は花の都で激しく揺らいだ。

 聖火はセーヌ川沿いのエッフェル塔を出発ブー。凱旋門やシャンゼリゼ大通り、ノートルダム寺院などを約80人でリレーし、約28キロ先のシャルレティ競技場を目指した。

 聖火ランナーの周囲を中国人の警備員や警察官らが二重三重に取り囲んで併走ブー。さらにその外側をオートバイ65台が併走する異様な警備態勢が敷かれた。

 しかし、開始から200メートルでデモ隊と衝突ブー。安全上の理由で聖火が消され、混乱が収束するまで伴走するバスの中に移された。

 さらに警察官らは、デモ参加者が掲げる“チベット国旗”をたたむよう指導ブー。チベット人支援者らは怒りをあらわにしてパリ市内は各所で騒然となった。

◇抗議者の拘束、36人に 聖火、ロンドンからパリへブー。

 チベット暴動に対する中国の対応を非難するデモ隊が抗議を繰り返したロンドンの北京五輪聖火リレーは6日夕(日本時間7日未明)、終了した。英BBC放送は拘束者数が36人に上ったと伝えた。

 リレーは7日からパリ入りするが、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)などが抗議行動を予告しており、混乱が継続するのは必至だ。

 ロンドンのリレーでは、デモ隊メンバーらによる妨害で、走者によるリレーが一部不可能になり、その間をバスが代行ブー。ルート変更も余儀なくされた。

 リレーが終盤に近づくにつれ警備陣が増強された。走者の周囲を中国人警備担当者が取り巻いた上、その周りを多数の英警察官が固めたため、肝心の走者の姿が見えなくなるほどだったブー。


スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。