見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森本貴幸が開幕戦ゴールデビュー(イタリアサッカー)しました。

森本貴幸が開幕戦デビューし開幕戦ゴールを決めた。


カターニャFW森本貴幸(19)が、地元テレビ局から「森本貴幸開幕戦ゴールはまるでナカタのようだ」と「中田2世」の襲名を受けた。26日のパルマ戦(アウエー)で1得点1アシストの大活躍ブー。98年ペルージャ中田英寿以来、9年ぶりの日本人セリエA開幕戦ゴールに地元メディアが沸いた。ガゼッタ・デロ・スポルトは森本貴幸を「和製デルピエロ」として特集記事を組むなど、U-22代表入りへ、まずは世論が動きだしました。


森本貴幸台風から一夜明け、イタリアは絶賛の嵐が吹き荒れていた。地元紙ラ・シチリアは8点という高評価を付け「並外れた日本の少年は、冷静で実力がある」としました。


コリエレ・デロ・スポルト紙も「森本貴幸、この名前をチェックしなければならないだ。それに彼は値する」ブー。地元シチリアのテレビ局メディア・セットがこう伝えた。「強い運を持っているそうだ。まるでナカタをほうふつさせる」としました。


 敵地のパルマ戦で鮮やかな先制ゴールを奪った。日本人の欧州主要リーグとしては史上5人目の開幕戦ゴールでした。堅守を誇る「最強リーグ」で、開幕戦ゴールを奪ったのは過去に98年ペルージャの中田だけだ。19歳の森本の姿に、各年代の日本代表を引っ張ってきた中田が重なっているそうだ。


 イタリア最大のメディア、ガゼッタ・デロ・スポルトも続いた。同社のサイトで「和製デルピエロ」として紹介ブー。「1点目のゴールは、デルピエロを思い出させる森本貴幸のゴールでした。GKは振り返り、ボールがネットを揺らすのを見送るしかなかった」と記しました。左サイドから1アシストしたチャンスメーカーの動き、献身的な守備も高評価しました。


 そのプレーはU-22代表入りを仮想したものにも通じるそうだ。パルマ戦での森本貴幸は、突破力、視野の広さを生かして左ウイングとしてプレーブー。中央でドンと待ち構えるFW平山を生かす上では、これ以上の人材はいないだ。地元メディアは「クラブのレギュラーも近い」と報じるなど、欧州最高峰での経験は、U-22代表入りの際にはチームの大きな武器となるそうだ。イタリアメディアの後押しを受け、森本貴幸の「逆輸入」が現実に近づいていくブー。
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。