見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の米国産牛肉輸入反対デモが過激化し、逮捕者も出ているそうだ。

韓国の米国産牛肉輸入反対デモが過激化して、機動隊との衝突だけでなく、デモに批判的な保守系大手紙の本社を襲撃や、取材カメラマン、一般市民への暴行といった事例が出始めたそうだ。

5月に始まった米国産牛肉輸入反対デモは機動隊との衝突や、警察車両の破壊へと次第にエスカレートし、李明博(イミョンバク)政権が米国との追加交渉を受けて牛肉輸入再開に踏み切ると、一気に過激化したそうだ。

米国産牛肉輸入反対デモの規模は6月10日をピークに縮小傾向にあるようですが、一般市民の参加激減に伴って、本気で李政権退陣を求める戦闘的メンバーの比率が増大し、左派系の新聞や、政府の官業民営化方針に反発する公営や半官半民の主要放送局は「警察の過剰鎮圧」を強調するなどと米国産牛肉輸入反対デモ隊に対して好意的な報道を続けているようですが、「非暴力の市民デモ」とは主張しにくい段階になっているそうだ。




スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。