見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


女子100メートルの福島千里が、56年ぶりに五輪代表だそうだ。

陸上の北京五輪代表最終選考会が6日、北海道・函館市千代台公園陸上競技場で行われて、女子100メートルで日本選手権優勝の20歳、福島千里が11秒49で優勝したそうだ。同走り幅跳びは池田久美子が6メートル70の好記録で、男子走り高跳びは醍醐直幸が2メートル21でそれぞれ制したそうだ。

日本陸連は北京五輪代表の残り4枠・4人を追加発表し、福島は五輪参加標準記録Aに達してはいませんが、このところの成長ぶりなどが評価されて代表入りし、女子100メートルでは1952年ヘルシンキ五輪の吉川綾子以来、日本選手で56年ぶりとなったそうだ。

既にA標準を突破済みの池田と醍醐は6月末の日本選手権で勝てなかったために、「追試」として五輪代表入りに再挑戦して優勝し、初めての五輪代表に選ばれたそうだ。




スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード