見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


フェデラーの6連覇を阻み、ナダルがウィンブルドン初制覇したそうだ。

テニスのウィンブルドン選手権最終日は6日、男子シングルス決勝が行われて、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が、史上2人目の6連覇を目指した第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を6-4、6-4、6-7、6-7、9-7で破って、初優勝したそうだ。その優勝賞金は75万ポンド(約1億6000万円)だそうで、男子決勝のウィンブルドン最長の4時間48分の大熱戦だったブーそうだ。

ナダルは今年4連覇を達成した全仏オープンと合わせて、テニス4大大会通算5勝目となって、1980年のビョルン・ボルグ(スウェーデン)以来となる同一年の全仏、ウィンブルドンの連続制覇を果たしたそうだ。スペイン人のウィンブルドン制覇は、これで66年のマニュエル・サンタナ以来、2人目となるそうだ。




スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード