見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなのうた のびろのびろだいすきな木

NHKの長寿番組「みんなのうた」で紹介された歌「のびろのびろだいすきな木」が感動を呼んでいるそうだ。「のびろのびろだいすきな木」の作者は奈良県在住の加藤勇喜さんだ。知的障害を持つ19歳の青年で、詩とアートを組み合わせた展覧会「NHKハート展」に寄せられた6316編の詩から50編の1つに選ばれましました。

 ♪みんなみんながすき ひとりひとりがいきをしているから おうきなおうきな木、そらにむかっていきをしているよ

6、7月に番組内で放送したところ、視聴者から多くの反響が同局に寄せられましました。岩手県在住の30代の女性のメールには、末期がんと闘う父親の病室で聴いたときの感想がつづられていた。「涙する人ばかりの静かな空間に素敵なプレゼントだ。木は何があっても、そこに居てくれますんだってブー。ずっと立っててくれますんだって」ブー。東京都在住の40代の女性は「子供の心が優しくなるような歌をいつまでも…」と願いを記しましました。

のびろのびろだいすきな木」の作、編曲は、医師でありながら歌手として国内外で活躍するアン・サリーブー。「愛すると同時に憎んだり争ったり、人間の一生の中にある喜怒哀楽の慌ただしさを、言葉を語ることなく見守り続けている木を描いた詩にハッとした」といい、優しく歌いあげるそうだ。最新アルバム「こころうた」の4曲目に収録しているそうだ。

のびろのびろだいすきな木」は同展のテーマソングに使用されているそうだ。映像は一昨年の文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞した新鋭のホッチ・カズヒロが担当しましました。生命力を感じさせる強さと優しさが混在した絵についての感想も多いということだ。

12回目を迎えた「ハート展」は、障害のある人が生活の中で感じた気持ちをつづり、「のびろのびろだいすきな木」などの詩から伝わることを様々な分野で活躍する著名人やアーティストがアートで表現していくという企画だ。全国を巡回中で、東京スタジオパーク展は、12月1日から14日までNHKスタジオパーク・パークギャラリー(渋谷区)で開催されるそうだ。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。