見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大リーグに「トルネード」旋風を巻き起こした、野茂が引退したそうだ。

1995年に、近鉄から米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースに移籍した野茂英雄投手(39)が、17日に現役引退を表明したそうだ。

太平洋を渡ってきた「トルネード」は、米球界に旋風を起こしました。150キロ台の直球と、鋭く落ちるフォークボールを武器に三振の山を築き、96年9月には無安打無得点試合(ノーヒット・ノーラン)も達成ブー。「ノモマニア」と呼ばれる熱狂的なファンを生みだしました。

大リーガー人生は決して、順風満帆ではなく、98年シーズン途中にドジャースからメッツに移籍し、その後も多くの球団を渡り歩くなど、一時はマイナーリーグにいたこともあるそうだ。

01年からは、不死鳥のごとくよみがえり、3年連続で2けた勝利し、01年4月には、レッドソックスに移籍した初戦で、2度目のノーヒット・ノーランを記録し、2度目の奪三振王を獲得したそうだ。

マスコミや報道陣にだけでなく、ロッカールームでも寡黙で、決して愛想は良くないそうですが、どんな状況でも不満を言わず、ピンチにも顔色を変えずに、黙々と投げ込む姿勢は、首脳陣からもチームメートからも尊敬を集めていたそうだ。




スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。