見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


日本の無人宇宙輸送機が、スペースシャトルの後継としてNASAから打診があったそうだ。

2010年にスペースシャトルを退役させることを決めたNASA(米航空宇宙局)が、スペースシャトルの後継宇宙輸送機として、日本が現在開発中の無人宇宙輸送機「HTV」を購入する検討を始めて、宇宙航空研究開発機構に打診していることがわかったそうだ。

宇宙機構によると、NASA(米航空宇宙局)から今年2月以降に打診があって、非公式の折衝を続けているそうだ。

◆HTVとは?
宇宙航空研究開発機構と三菱重工業、三菱電機などが開発している長さ10メートル、直径4・4メートルの円筒形で、最大6トンの荷物を積み込め、HTV用に開発中の大型ロケット「H2B」に搭載されるそうだ。




スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード