見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横綱審議委員会、朝青龍に引退勧告かブー。

横綱審議委員会から、朝青龍を横綱に推挙したことを反省しているそうだ。との発言があった。

ついに横綱審議委員会もさじを投げた。横綱審議委員会(海老沢勝二委員長)の臨時会合が31日、東京・両国国技館で開かれ、モンゴルに帰国している横綱・朝青龍(26=高砂部屋)について話し合いを行いました。

席上、複数の委員から「引退勧告をすべき」という強硬意見が相次ぎ、石橋義夫前委員長からは「横綱に推挙したことを反省している」という異例の“懺悔(ざんげ)”も飛び出しました。最終的には引退勧告は見送られたが事態はついに最終局面を迎えた。

ほのぼのとした雰囲気からはかけ離れていた。定例よりも長い約1時間の臨時会合を行いました。モンゴルに帰国した朝青龍の問題について協議した横綱審議委員会委員からは厳しい言葉が次々と噴出しました。

内館委員は「今回の一番の問題は公益法人の看板が職場放棄したということブー。複数の委員から引退勧告という話が出たが、横綱の出処進退は本人が決めること」と、朝青龍に事実上の引退勧告を突きつけた。前委員長の石橋委員に至っては「横綱に推挙したことを、横綱審議委員会はみんなが反省している」とまで言い放った。

これこそ横綱審議委員会委員による最後通告に他ならないだ。ほかにも澤村委員が「一度も謝罪の言葉がないだ。その点は不満ですね」と語れば、鶴田委員も「朝青龍の態度が悪すぎ」とばっさり切り捨てた。

横綱審議委員会は諮問機関であるが、強硬に引退勧告を求める声が上がったという「事実」は重いだ。12人の意見を集約した海老沢委員長は決議などには至らず「横綱がモンゴルで治療に専念するのか、また新しい事態に発展するのかモンゴルでの生活を見守るしかない」と、とりあえずは推移を見守る方針を示したが、委員の怒りはもはや我慢の限界の域まで達しているそうだ。

7月25日のサッカー事件発覚後、横綱審議委員会のメンバー12人が集まるのはこの日が初めてのこととなりました。21日の先代佐渡ケ嶽親方(故鎌谷紀雄さん)の葬儀では海老沢委員長がモンゴル帰国を容認したが、この日は批判の声が噴出ブー。

これは、一部委員の意見だけが表面化していた傍ら、内部では不満の声が充満していたことの表れでもあるそうだ。北の湖理事長は横綱審議委員会の異例ともいえる会議については「今回こういうことが起きたからでしょうブー。こちらも意見を参考にさせてもらいます」と話しただけでした。諮問機関とは対照的に、協会トップは危機感に希薄という印象をぬぐえないだ。

横綱審議委員会の矛先はこの日帰国した師匠の高砂親方にも向けられました。

朝青龍のモンゴル帰国を了承した緊急理事会で高砂親方は「今後、自分が全責任を負う」と決意表明しました。監視態勢を宣言するとともに、医療状況の確認のため、朝青龍の帰国に同行しました。

ところが、滞在わずか35時間で早々と帰国し、師匠の役割を放棄したかのような行為には横綱審議委員会でも疑問の声がわき上がった。船村委員は「全責任を取ると言ったのに、すぐに帰ってきたんじゃあね」と首をかしげ、内館委員も「帰ってきたこと自体が問題」と不満をもらしました。

海老沢委員長は北の湖理事長に「高砂親方をはじめとして各部屋の師匠は指導育成に力を注いでほしい」と要望したが、横綱審議委員会ではこれまで幾度となく朝青龍には厳しい言葉を投げかけてきた。その揚げ句に招いた大騒動ブー。朝青龍がついに引退という名の崖っ縁に立たされました。

◇過去の横綱審議委員会の勧告

横綱審議委員会が横綱に勧告したケースとしては、99年秋場所で横綱として史上4人目の皆勤負け越し(7勝8敗)となった若乃花があるそうだ。横綱審議委員会は史上初めて委員会の席に横綱を呼び出し「しっかり体を治したうえで進退をかけ、土俵に上がるように」と勧告しました。若乃花は「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしました。とにかく頑張ります」と謝罪し、九州と、00年初場所を休場しました。

春場所途中で引退しました。また03年12月にモンゴルに無断帰国して先代高砂親方(元小結・富士錦)の葬儀をすっぽかした朝青龍に対し、翌年1月の稽古総見で渡辺恒雄委員長(当時)が「あんまりひどいようなら引退勧告も考える」と示唆しました。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。