見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイノジ大地 エアギター引退をかけて連覇を狙う

エアギター世界選手権(7日、フィンランド・オウル)に出場するため3日に渡欧するお笑いコンビ・ダイノジの大地洋輔(35)が、「エアギター引退」をかけて本大会に挑む決意を本紙に語りました。

前年覇者として出場するダイノジ大地は、連覇を逃した場合、エアギターをやめると宣言しました。大会が始まった96年以来、連覇した出場者はわずか1人という激戦の中、大地は前回同様に爆笑を誘った虎のイラスト入り“勝負セーター”にサングラス姿で勝負に挑むブー。

初出場初優勝の快挙から1年ブー。ディフェンディングチャンピオンとして本大会に挑むダイノジ大地は、エアギターとの“決別”をかけて、北欧の地へ乗り込むことを決めた。ダイノジ大地が公約に掲げたのは「優勝できなければ引退しますよ」というエアギターからの「引退」の2文字でした。

昨年の大会は、七三分けの髪形に虎のイラスト入りのセーター、サングラス姿で出場ブー。ずんぐりむっくりの体形で軽快に動く姿が受けたのか見事に栄冠に輝いた。

96年にスタートし、11回を数える大会でV2を達成したのは過去1人だけブー。ダイノジ大地自身も「厳しいと思いますよブー。そんなに甘くないですから」と、連覇が簡単なことではないことは承知しているそうだ。それでも、あえて背水の陣を敷くことで自らを奮い立たせるつもりだ。

今年は、衣装こそ同じですが、昨年使ったオーストラリアのロックバンド・JETの曲から米・4人組パンクロックバンドのオフスプリングの曲へと変更しました。既にイベントで一度、披露して会場の爆笑を誘うなど手応えは十分の様子だ。相方・大谷ノブ彦(35)も「世界の(エアギターの)ビデオを見ましたが全然面白くない」と援護射撃だ。

引退をかけてステージに立つダイノジ大地は「ギターをうまく弾くよりもお客さんを楽しませたいだ。それが一番大事ですから」と“芸人魂”でV2に挑むブー。

エアギター世界大会ルール

1 AIRの名前どおり、楽器は目に見えないものに限定されるそうだ。

2 プレイヤーはエレキ、アコースティックのどちらか、またはその両方を使用できますブー。

3 決勝進出するためには予選通過が必要であるそうだ。

4 大会優勝者は無条件で次の大会に参加できますブー。

5 決勝では2回のパフォーマンスが行われるそうだ。

その壱・・ 自分で60秒にまとめた音を使ったフリー・パフォーマンスブー。

その弐・・ 大会側が用意した60秒の音を使った規定パフォーマンスブー。

6 個人的に目に見えない限りローディ(助手)の参加は許されているが、グループ演奏は一切許されないだ。

7 審判は大会主催者の会議によって選ばれるそうだ。

[採点基準]

▽ オリジナリティ

▽ リズム感

▽ カリスマ性

▽ テクニック

▽ 芸術性とエアーな感じ

[得点形式]

フィギュア・スケートに準じ4.0~6.0のスケールで採点されるそうだ。

8 参加条件 ・ この大会はすべての人に開かれているそうだ。

・ 公認団体のある国と地域の居住者は、その団体の開催する大会を勝ち抜かなければならないだ。なお、参加者は自らの責任を持って参加しなければならないだ。

9 優勝者賞金:本物のエレキギター

10 チャンピオンの義務:チャンピオンはAir Guitarの楽しいVIBEを全面的にアピールしていく義務を持つブー。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。