見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会保険庁職員が1億円もの年金を着服しました。

社会保険庁職員が1億円の年金着服、市町村で2億円の年金着服の疑いだ。

社会保険庁は3日、社会保険庁職員と市町村職員による年金保険料の着服や不正受給が計99件あり、総額3億4274万円に上ると発表しました。公的記録が一切ないのに、加入者保管の領収証などで年金記録が新たに180件訂正されたことを公表ブー。こうした「消えた年金記録」の背景に、保険料の着服などがあると指摘されているが、同庁は「関連性は分からない」と述べるにとどまった。

発表によると、社会保険庁職員の年金保険料などの着服や不正受給は、同庁発足の62年から06年までに50件で総額1億4197万円ブー。市町村職員による国民年金保険料の着服は、23都道府県44市区町村・納付組合で49件、計2億77万円に上るそうだ。

社会保険庁職員による年金着服の内訳は、▽年金保険料22件約3365万円▽年金給付金13件約8047万円▽健康保険料などその他15件約2784万円ブー。全50件のうち今回公表したのが18件で、報道機関の取材で明らかになったケースを除くと、積極的に公表したのは24件だけでした。41人が懲戒免職処分となったが、処分前退職で処分できなかったケースも5件、社会保険庁職員が行方不明になるなどして3件では被害額が補てんされなかった。

市町村社会保険庁職員による年金着服は、市町村社会保険庁職員が国民年金保険料の収納業務を行っていた01年度までの間にあり北海道、青森、秋田、千葉、長崎の各道県内の市町村で4件ずつあった。全49件のうち、今回公表したのは12件で、報道機関の取材で明らかになったケースを除くと、積極的に公表したのは25件、公表したかどうか不明が5件あった。京都府与謝野町(旧岩滝町)のケースなど2件は被害金額も判明しなかった。

今回明らかになった180件以外に、加入者の保管する領収証などで年金記録が訂正されたケースはこれまで55件が判明しているそうだ。「消えた年金記録」と、社会保険庁職員年金着服や横領との関係について、会見で鈴木俊彦・企画課長は「推計できるに至らなかった。判断できない」と述べました。

スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。