見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ回収!岩石質の微粒子800個発見

岩石質の微粒子800個発見=はやぶさ回収、詳細分析へ―宇宙機構
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000067-jij-soci

ども、こんにちは。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、小惑星探査機「はやぶさ」が
持ち帰ったカプセルの調査を続けていましたが、
この度地球外物質の可能性が高い微粒子が約860個見つかったと
発表しています。

カプセルの内部に目に見えない微粒子が付着している可能性があるため、
電子顕微鏡を使った検査でようやく判別できる微粒子にで出会ったようです。

JAXAではテフロン製ヘラ(長さ6ミリ、幅3ミリ)で、
小惑星「イトカワ」の物質を集める小部屋の内壁を
こそぐようにして採取した後に、電子顕微鏡でヘラに付着した物質を
調べる作業を続けています。

約3週間かけてヘラの半分を調べたところ、
ケイ素やマグネシウムなどを含んだ直径0.01ミリ以下の微粒子が
約800個以上見つかったといいます。

それは肩が凝り固まりそうなほど小さな作業の繰り返しだったと思います。
しかももしかしたらはやぶさを打ち上げる際の、
鹿児島県桜島の噴煙が紛れ込んでいるかもしれないそうです。

さらに詳しい分析がイトカワの表面のちりかどうかを見極めるために
必要なのだそうです。

微粒子のなかに地球には存在していない物質が含まれていたら、
それは間違いなくカプセルの内側に付着した宇宙の物質になります。
スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。