見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


斎藤佑樹が、有終の美!

佑ちゃん、有終の美!早大が優勝/東京六大学
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101103-00000529-sanspo-base

こんにちはー。ども。

東京六大学野球の秋季リーグが終わりました。
今年は特に注目株の選手が多く会場となった神宮球場には大勢の観客が
詰めかけたようです。

優勝決定戦は早大と慶大によるものでした。
結局早大が10-5で勝ち4季ぶり42回目の優勝をつかんだそうです。

一番の注目株である早大の斎藤佑樹投手(22)が先発し、
八回1死までノーヒットを続けたのですが結局は無安打無得点試合は
達成できませんでした。

日本ハムドラフト1位の斎藤投手は今季はイマイチの活躍しか
出来ていませんでした。
しかしこの試合で負ければ大学生活最後の試合となってしまうという事もあり、
見違えるような投球を見せたそうです。

途中で早大は西武ドラフト1位の大石達也投手を投入し、
手堅く勝利を手にしました。
終始落ち着いたピッチングをしていた大石投手ですが、
プロに入ってもその調子で頑張ってもらいたいです。

ドラフト会議の結果を受けて通常開かれるはずの会見が
早慶戦を理由に先延ばしになっていましたが、
広島ドラフト1位の福井優也投手を含めた3投手が4日に心境を
語る事も分かっています。






スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード