見えないところもオシャレに決める!女子力UPインナーがお買い得


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじの期待感には、ドーパミンが関与!?

くじの期待感、ドーパミンが関与=依存症治療に貢献も―放医研など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101208-00000020-jij-soci

こんにちはー。どもっ。

くじの低い当選確率を高く見積もってわくわくしてしまう傾向に、
脳内のドーパミンが関与していることを、
独立行政法人放射線医学総合研究所、早稲田大などの
共同研究グループが初めて明らかにし、
ギャンブル依存症などの治療に役立つ可能性があると
期待されているとか。

研究グループは、健康な男性36人に、宝くじを用いた実験を行い、
ドーパミンを受け取る「受容体」の量を調べた結果、実際の金額・確率と
期待とのずれの程度を数値化し、ドーパミンとの関連を見たところ、
D1という受容体の量が少ない人ほど、低い確率なのに過度に期待したり、
確率が高いのにはらはらしたりする傾向が強かったとのこと。

ドーパミンは、快感や意欲などの情動に関わる神経伝達物質で、
これが多すぎると統合失調症になったりもするんですよね。
メンタルヘルス関係の本読み漁っているので、
ちょっとこの手の話題は詳しいのです。
ギャンブル依存の本を少し前に読みましたが、そこにすでに
ドーパミンとの関係が示唆されていたので、新しい発見とも
言い難いよう思います。






スポンサーサイト
カテゴリー
最近の記事
注目の記事
スポンサードリンク

ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。